デリケートゾーンの黒ずみをレーザー治療するメリットとデメリット、費用の相場は?

 

デリケートゾーンの黒ずみは様々な原因でメラニン色素が蓄積して発生すると言われてます。

 

特に黄色人種はメラニンが出来やすい体質の為、デリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる日本人女性は多いのではないでしょうか。

 

そのような悩みの種をお持ちの方は、医療機関でレーザー治療をするのがおすすめです。

 

ここでは、デリケートゾーンのレーザー治療のメリットデメリットや、料金について解説いたします。

 

デリケートゾーンの黒ずみをレーザーで治療する一番のメリットは、「確実な効き目があること」です。

 

色素の沈着に悩んでいる方は、これまでに一度は「デリケートゾーンの美白に効果的」だと謳われている化粧品や市販医薬品に頼ったことがあるでしょう。

 

しかし、高いお金を出した割りには思ったような効果が現れずにガッカリした経験はありませんか。

 

医学的に作用が証明されているレーザーによる治療ならば、医師の説明通りの施術回数を受ければデリケートゾーンへ確実に効果が得られるので、「高いお金を出したけど本当に黒ずみが消えるのか」と不安を抱える心配はありません。

 

また、「一回の施術時間が短め」「医療機関での治療となるので、トラブルが発生した際もスムーズに対処して貰える」というメリットも存在しています。

 

日ごろ忙しく時間が取れない女性でも安心して治療が受けることができますし、肌が弱い女性でも医師と相談をしながら治療方針を決められるのは安心できるのではないでしょうか。

 

一方で、「費用が高い」「保険が利かない」「一回の照射のみでは完全に消去するのは難しい」というデメリットも存在しています。

 

通常は一度だけの照射で完全にデリケートゾーンのメラニン色素を消し去ることは難しいので、何度もクリニックへ足を運ばなくてはいけません。

 

その回数の分だけ費用が嵩むことになるので、ある程度のお金の余裕が無いと安定した治療を受けることが難しいのは困りものです。

 

デリケートゾーンへのレーザー照射に具体的に必要な料金は、クリニックや使用する機器、施術回数によって違ってきます。

 

とても安い病院ならば一回5千円程度で受けられますが、デリケートゾーンの黒ずみへの作用もそれなりです。

 

逆に、一回30万円近くも必要になるクリニックも存在しています。

 

病院によって大きく差がありますが、基本的に「一回10万円前後」は必要だと思っておくと良いでしょう。

 

デリケートゾーンにレーザー治療を行えば確実にメラニン色素を薄くできるというメリットは嬉しい所ですが、料金が不透明な部分があるので中々治療に踏み切れないかもしれません。

 

まずはカウンセリングへ行き、デリケートゾーンへ何回照射を受けるか、どのくらい料金がかかるか、治療完了までの時間は何ヶ月か、といったことを医師に相談する所からはじめてみましょう。

トップへ戻る